債務整理の種類と判断について

債務整理とは、任意整理、個人再生、自己破産、特定調停等の手続きの総称です。どの手続きが適切かは状況によって異なりますので、まずは自身の借り入れ等を確認することが大切です。

債務整理といってもかきのように数種類の手続きがあります。
“債務整理の種類と判断について”の詳細は »

交通事故の損害賠償金や離婚時の慰謝料は自己破産でなくなるのか?

悪意(わざと)の不法行為で発生した損害賠償債務についても免責されたのでは、被害者が救われず、不法行為を助長する結果ともなりえるため、免責の例外とされている

自己破産をすると、自己破産を申したてた人が負っている借金(法律上は債務といいます。)は免責、つまり、返済する必要がなくなります。では、飲酒運転で交通事故を起こしてしまって、相手方に損害賠償しなければならなくなった場合、自己破産を申し立てて、免責決定がでれば、その損害賠償義務もなくなるのでしょうか?

原則的に、破産による免責の対象は、消費者金融から借りたお金に限定されませんので、交通事故に基づく損害賠償や離婚に伴う慰謝料の支払義務といった、不法行為に基づく損害賠償債務も含まれます。
“交通事故の損害賠償金や離婚時の慰謝料は自己破産でなくなるのか?”の詳細は »

自己破産と債務整理と給与所得

給与所得者等再生手続きはサラリーマンや公務員向けの個人再生と考えられますが、年金で生活している方やフリーターの方も 利用することができますよ

自己破産では、債務者が所有している不動産・自動車・現金・預貯金・退職金見込額の一部・生命保険解約返戻金などは、原則としてすべて換価処分されます。「可処分所得要件とは」・・・・・再生債務者の2年分の可処分所得が基準となる要件。具体的には、再生債務者の2年間の収入合計から所得税、住民税、社会保険料を引いたものを2で割った額から、再生債務者及びその扶養を受けるべき者の最低限度の生活に必要な1年分の費用を控除したものを2倍した額。
“自己破産と債務整理と給与所得”の詳細は »

債務整理とクーリングオフ

一定期間内であれば消費者は無条件で申し込みの撤回、または契約の解除ができるという制度

クーリングオフとは・・・・・消費者が契約を申し込み一定期間内であれば消費者は無条件で申し込みの撤回、または契約の解除ができるという制度。おもに消費者ほどのための制度でほとんど8日間は無条件で解除、撤回が可能となっています。
“債務整理とクーリングオフ”の詳細は »

債務整理で債権業者の禁止事項、規定

債務整理では、業務の平穏を害するような言動により相手を困惑させてはならないという決まりがあります。

債権の業務従事者は、その業務を行うに当たり、人を威迫し又はその私生活若しくは

業務の平穏を害するような言動により相手を困惑させてはならないという決まりがあります。
“債務整理で債権業者の禁止事項、規定”の詳細は »

債務整理と個人再生手続き

債務整理の一つ、再生手続きは、小規模個人再生、給与所得者等再生の2種類の手続きがあります。

近年は給与所得等再生よりも小規模個人再生を
選択する人が増えつつあります。
給与所得者であってももちろん、小規模個人再生を選択する
ことができます。

住宅資金貸付債権などの住宅ローンがある場合には
住宅資金貸付償権に関する督促の
適用を受けることが可能です。
“債務整理と個人再生手続き”の詳細は »

債務を整理手続きの中ので自己破産を選ぶ時

債務せいりの手続きの中で、最終手段が自己破産になります。

自己破産とは借金額が大きくなって返済の見込みがなくなった時に、
裁判所にその旨を申立て、借金を免除してもらう」ことをいいます。
“債務を整理手続きの中ので自己破産を選ぶ時”の詳細は »

裁判所でと特定調停という手続きがある

過払い金は開示された取引経過に基づいて、引き直しをした結果発生していることが判明する場合がありますが、特定調停では裁判所は過払い金返還に関しては通常消極的な対応される場合もあります。

特定調停のデメリットもあります。
“裁判所でと特定調停という手続きがある”の詳細は »

出資法の改正の動きはこうですよ

出資法は改正され、債務整理でもこの点は重要な部分です

出資法(出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律)は、
「金銭の貸付けを行う者が業として金銭の貸付けを行う場合」に、
年29.2%(うるう年には年29.28%。1日当たり0.08%。)
を超える割合による利息の契約をしたときは、
「5年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金に処し、
又はこれを併科する。」と定める(同法5条2項)。
“出資法の改正の動きはこうですよ”の詳細は »

借金の整理と貸金業を営む会社の法律

債務整理と貸金業者のかかわりについて

貸金業法の2007年以降の主な改定事項です。
○貸金業の適正化
参入に必要な純資産額の引上げ(現行の個人300万円・法人500万円から、
施行後1年半以内に2000万円に、上限金利引下げ時(4条施行時)に5000万円以上に順次引き上げる。)
“借金の整理と貸金業を営む会社の法律”の詳細は »

« 過去の記事