債務整理の種類と判断について

債務整理といってもかきのように数種類の手続きがあります。

任意整理
個人再生
自己破産
特定調停

まず、任意整理という手続きは、貸金業者と個別に話し合い、
交渉によって今後の返済額を調整する債務整理の方法です。

次に、個人再生ですが、これは裁判所を通して借金を減額してもらい、
減額後の借金を返済していくという債務整理の方法です。
自宅をどうしても残したい方や、任意整理での返済が難しい場合に行います。
裁判所での手続きなので、任意整理に比べると、手続きははるかに複雑になります。
個人だけで手続きをとることは難しいでしょう。

同じく裁判所を通す手続きに、自己破産があります。
自己破産は、原則すべての借金を免除(免責)してもらうことができますが、
自分の財産についても処分されてしまいます。
こちらも、裁判所の手続きなので、さまざまな書類が必要になり
個人だけで手続きをとることは難しいかもしれません。

最後に特定調停ですが、こちらは裁判所を通して、
お互いが話し合いをする手続きです。
裁判所を通しますが、手続きとしては任意整理に似ています。

«
 

トラックバックURL