交通事故の損害賠償金や離婚時の慰謝料は自己破産でなくなるのか?

自己破産をすると、自己破産を申したてた人が負っている借金(法律上は債務といいます。)は免責、つまり、返済する必要がなくなります。では、飲酒運転で交通事故を起こしてしまって、相手方に損害賠償しなければならなくなった場合、自己破産を申し立てて、免責決定がでれば、その損害賠償義務もなくなるのでしょうか?

原則的に、破産による免責の対象は、消費者金融から借りたお金に限定されませんので、交通事故に基づく損害賠償や離婚に伴う慰謝料の支払義務といった、不法行為に基づく損害賠償債務も含まれます。

ただ、破産者(自己破産を申したてた人)が、悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償債務については、免責の対象とはなりません。ここでいう悪意というのは、法律用語ですので、「悪気がある」という意味とは異なります。悪意とは、「わざと、知っていて」という意味です。

悪意(わざと)の不法行為で発生した損害賠償債務についても免責されたのでは、被害者が救われず、不法行為を助長する結果ともなりえるため、免責の例外とされているのです。

そのため、飲酒運転での交通事故については、悪意または、重大な過失(著しい不注意)による損害賠償債務に該当しますので、自己破産によっても免責されないと考えられます。

»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む