自己破産で問題になる偏頗弁済って何でしょうか?

自己破産をする中で、注意しないといけないのが偏頗弁済(へんぱべんさい)です。

偏頗弁済というのは、自己破産手続きの中で、特定の債権者にだけ返済する行為をいいます。

例えば、会社からの借入分は、自己破産手続きに入ったので返済をストップしたが、
仲の良い有人から借りた借金だけ返してあげたような場合です。
会社とは違って、感情が入るため、どうしても友人には返したいと考える人は多いでしょう。
しかし、自己破産ではこのようなことは認められていません。

自己破産の手続きで、破産者する人に換価すべき財産がある場合、
その財産は、債権額に応じて配分されます。債権者は債権額に応じて、平等に扱われるのが原則です。

しかし偏頗弁済というのは、この債権者は債権額に応じて平等であるという原則に違反してしまうのです。
そして、偏頗弁済が認められると、自己破産をしても借金がゼロにならない、なんてことになりかねません。

裁判所は自己破産手続きの中で、必ず、偏頗弁済がないかどうかをチェックします。
偏頗弁済が見つかると、せっかく自己破産をして、今後の生活を立て直そうと考えていたのに
自己破産自体が認められずに、生活の建て直しができなくなるなんてこともあり得るため
自己破産のルールは、しっかりと守る必要があります。

«
 

トラックバックURL